ご訪問ありがとうございます。

【ゆあ】と申します。

 

相方(=夫)と息子ふたりの4人家族で暮らしています。

以前はパソコン管理の仕事を始め、総務・経理などいろんな仕事をしていました。

今は、ネットビジネスをマイペースに拡大しながら、生活しています。

 

40歳を越えて、なぜ起業してみようと考えたのか。

今までどういう経験をして、どう考えて生きてきたのか。

説明下手ですが、ぽつぽつと語っていきたいと思います。

 

もし、自宅でマイペースに進めていけるネットビジネスで、家族との楽しい時間や経済的な余裕を手に入れたいと考えてもらえるなら、ぜひ、最後までお付き合いくださいm(_ _)m

 

某教育機関でパソコン実習の助手していました

元々は、某教育機関でパソコン実習の助手をしたり、そのパソコンの保守・管理をしていました。

その後、結婚・出産し、育児のために転職。

 

いろんな会社で働きましたが、

月末月初には残業に追われ、

家に帰ったら家事に追われ、

毎日毎日なにかに追われて生活をしていました。

 

 

いつまでこんな生活が続くのかなぁ。

 

ぼんやり思ったのですが、

真剣に考えれば考えるほど、怖くなってきました。

 

息子たちが成人するまであと10年ある。

それまでは進学やらクラブやら塾やら、なにかとお金は必要だろう。

今より収入が減ることはあっても、増える保証はない。

ということは、あと10年以上このままの生活?

あれ?そのとき私は何歳なの?

 

・・・・・!∑(・_・ノ)ノ

 

そんな歳までこの生活?

朝から晩まで働いて、

家に帰ってきたら夕飯作って家事をして、

ろくに自分の時間は取れずに寝るだけの毎日。

 

それでも経済的にカツカツで

家族で旅行に行くこともままならない。

 

もっと余裕が欲しい!

時間的な余裕。

精神的な余裕。

経済的な余裕。

場所的な余裕。

今の世の中、余裕がないことが多いです。

 

社会人になったら、朝から晩まで働いて時間がない。

そんなに働いているのに、

出ていくお金が多くてちっとも好きなものを買えない。

会社ではどうしても好きになれない上司と毎日顔を合わせて、

イヤだイヤだと思いながら毎日会社へ出勤する。

毎日毎日毎日、不満が溜まります。

そういう人が今すごく多い気がします。

 

そんな不満だらけの毎日がイヤになって

「生きていくってどういうこと?(・_・?」

と改めて考えるようになったのが始まりでした。

 

最初の転職

私は、過去に何度も転職をしています。

最初の転職は、初めての就職から約10年後のことです。

 

すでに結婚していて、長男の出産のため育児休暇を取得し、

復帰して1年後のことでした。

 

当時、自宅から電車で片道1時間30分以上かかる職場へ電車で通っていました。

当然、長男の保育園の送り迎えもできず、

夕飯の時間にも私の帰りが間に合わない状態。

それらはすべて私の母に頼っていました。

長男は1歳~2歳の間、ほとんどおばあちゃんと保育園に育てられていました。

で、そのおばあちゃんが音を上げたんです。(+_+)

 

長男も2歳でやんちゃ盛りですから、今考えれば当然なんですけど、他にも理由がありまして・・・。

 

母親と過ごせない長男の変化

私も心のどこかで「今の生活ってどうなの?」とは思っていました。

 

朝7時に家を出るので、長男は寝起き(たまに寝たまま)で近所のおばあちゃんの家へ送ります。

そのままダッシュで駅へ行って出勤。

 

帰宅すると19時です。

(定時に帰してくれるいい職場だった)

長男の夕飯はおばあちゃんが食べさせてくれています。

連れて帰ってお風呂に入ったら、もう長男は眠いのでうとうと。

 

1日のうち親子の共有時間が、1時間もない状態。

これを約1年間続けました。

土日と祝日は一緒に過ごしましたが、

それでも圧倒的に家族の時間が少なかったです。

 

結果、長男はちょっと不安定なところが出てきました。

保育園でケンカをするのはいつものこと。

「今日は女の子の髪を引っ張って泣かせました(^^;」

「今日は男の子に噛みついてしまいました( ̄ー ̄)」

保育士さんから毎日のように聞かされるトラブルに、

おばあちゃんはかなり心配になったようです。

 

長男の一生に関わる問題だと思ったので、早々に決断。

上司に相談して、その年末に退職しました。

 

在籍9年8か月。

 

今思うともったいないことしていますね(;・∀・)

在籍8年以上ある方は、できれば退職する日を

『在職10年』経過したあとにするべきです。

退職金の額が大きく変わりますから。

 

話が逸れました。

とにかく、最初の転職は『育児のため(自己都合)』でした。

 

転職先は初めての営業

このあとの就職先は、実はすでに決まっていました。

長男に購入した英語教材のアドバイザーです。

つまり営業です。

 

長男のためにと購入しましたが、そのときのアドバイザーさんに

「アドバイザーになってみない?」

と勧誘されて、ほいほいその気になりました。(^^;

最初の職場(事務)しか知らない私に、営業という仕事は難しかったです。

まず、どうやって「販売」に持っていくのかわからない。

というか、実際に教材を見せる「訪問アポ」が取れない。

そりゃそうです。

ファーストコンタクトの電話で「買って」オーラが出ていましたから(笑)

それでも3か月くらい勉強して、ぽつぽつと売り上げは出るようになりました。

 

ノルマはありません。

売り上げがなければ、収入がないだけです。

でも地域ごとに分けられたグループに所属していたので、

売り上げがないとグループリーダーにお尻を叩かれます。

 

また、お客さんを訪問するときに渡す無料プレゼントは、自費です。

もちろんガソリン代も自費。

高速代も自費。

電話をかける見込み客リストも有料で会社から購入します。

売り上げが上がらないと、その費用はマイナス計上されて給与明細に表示されます。

それがどんどん増えてきて、焦った私は他の仕事を掛け持ちします。

 

派遣会社のデータ入力。

某化粧品会社のエステティシャン。

多忙です(×_×)

 

自分がいいと思えない商品を売ることはできない

そんなことをしている間に、長男の英語レッスンも進まず

「この教材ってホントにいいの?」

という疑問を持ってしまいます。

そうなると営業する力も薄れます。

自分がいいと思っていないものを売るスキルは、私にはありませんでした。

 

結局、アドバイザーの仕事は、次男の妊娠もあり2年ほどで辞めます。

次男を出産して半年後、今度は派遣社員で働き始めます。

 

このときは、フルタイムではなく8:30~15:00くらいのパートでした。

勤務して1年半ほど経った頃、次男も大きくなって(と言っても2歳ですが)

「もっと長時間働きたい」

と職場に申し出ます。

が、玉砕。

その会社では、派遣社員はみんな短時間勤務で、

本当に補助的な位置づけだったんですね。

 

仕方がないので、正社員での求人を探します。

仕事帰りにハローワークに寄ったりもしました。

そこで、条件に合う求人を発見して応募。

小さい会社の社長が直々に面接して、その場で採用。

今まで大きな会社しか知らなかったので

「え?こんなにあっさり?決定?ホント?」

と、少し信じられなかったです。

 

小さな会社で正社員として働く→初めての給料未払い

派遣会社との契約を終了し、小さい会社の経理として正社員で働き始めます。

小さい会社は往々にしてそうだと思うのですが、

ひとりの社員がたくさん役割を抱えているんです。

そこの社長は、社長でもあり、営業でもあり、現場監督でもあり・・・。

すぐに私も、経理・総務・人事と、あらゆる事務仕事が降ってきました。

毎日毎日があっという間でした。

 

社長の思い付きで、新しい子会社を立ち上げる経験もしました。

社長に

「司法書士に頼まなくても、登記や起業はできる。全部あんたがやるんや」

と言われ、公証人役場と法務局を行ったり来たりすることもありました。

その頃、会社は経営危機で、キャッシュフローが回らない状態になり、

社長が金策に駆け回っていました。

 

そして初めて『給料未払い』が起こります。

払いたくても払う現金がないんです。

従業員わずか5人ほどでしたが、ひとりの給与も払えません。

社員からは

「給料いつ払ってもらえそう?」

と口々に聞かれます。

 

そんなの私が聞きたいっつーの!(;一_一)

 

と言いたいところをぐっと我慢して、見通しを説明していました。

そのときは確か、じきに取引先からの入金があって

2週間遅れくらいで給与を払えたのですが、

1年も経たずにまた資金が焦げ付きます。

 

給与未払いが2か月続いてしまったのです。

これには私の相方(=夫)も

「もう辞めたら?」

と言い出しました。

 

初めての会社都合での退職。失業保険をもらう。

実はこの頃の記憶が少し飛んでいて、あまり覚えていないんです、私(^^;

社長も荒れていてワケのわからないことを言い出すし、

社員は常に不機嫌だし(当たり前だけど)、職場の環境は最悪でした。

 

ある日、社員のひとりが社長とケンカになります。

そこでキレた社長は

「もういい!お前ら全員クビだ!」

と叫んでしまったのです。

 

えっ?!Σ(・ω・ノ)ノ!

・・・・・

チャンス!(☆ω☆)!

 

相方にも辞めろと言われて、退職を考えていた私は

この社長の言葉に乗っかりました。

 

社長は

「営業たちにクビだと言っただけで、

事務さん(私ともうひとりいました)は、残ってもらっていい」

と訂正してきましたが、もうその社長にはついていけないと考えていました。

 

こうして、初めて『会社都合での退職』を経験します。

 

その会社を退職して4か月ほどはゆっくりしていました。

精神的なダメージが大きく、次を探す気力がなかったんです。

 

そのあと、また派遣社員として働きます。

このときはフルタイムでした。

しかし、派遣期間が短く、9か月ほどで契約終了します。

再び就職活動。

幸い、今度は正社員で採用が決まりました。

もうここが最後の就職先だろうな、と考えていました。

40歳も近くなり、正社員で雇ってくれる会社は数少ないですから。

 

ところが。

就職して3年後、県外へ移転することが決定します。

県外まで2時間かけて通うか。

また転職先を探すか。

 

仕事って一生続けられるものだと思ってた。

このとき、つくづく思いました。

 

どこの会社に行っても、一生続けられる仕事になる保証はない。

おまけに転職するたびに給料は下がる。

こんな働き方もうイヤだ!

 

それでも生活していくにはお金が必要です。

すぐに派遣社員で働きはじめますが、

「もうイヤだ、こんな働き方」

と、一度考えてしまったので、他に働き方はないかを常に探していました。

 

はじめてのネットビジネス

そんなとき、『Amazon輸入』という言葉に出会います。

 

いろんな人のブログを見て、基本は

「安く仕入れて高く売る」

ことができればいいのだ、と理解。

派遣社員の傍ら、1か月準備して『Amazon輸入』に挑戦します。

 

結果は・・・利益は出ました。

でも利益を出すためにはそれ以上の資金が必要でした。

自分で商品を見つけて仕入れて、自分で価格を決めて販売する。

これが意外と楽しくて(笑)寝る時間を削って作業しました。

 

そう、作業。

あくまでも作業が必要なんです。

それに、資金も必要。

利益率が約20%で、月利20万円出そうとすると、資金が100万円以上必要なわけです。

さらに利益を出そうとすれば、もちろんそれ以上の資金・・・。

無理でした、私には。

実践する前に気付けよ、って話ですが(-_-;

 

ネットビジネスをいろいろ調べてみた

で、次は資金の不要な『アフィリエイト』に出会います。

 

でも『アフィリエイト』って、10年くらい前に聞いて調べたことがあるなぁ。

そのときもいろいろ検索して、

「自分のHPに広告を貼って、その商品が売れたらキャッシュバックがある」

ことはわかったのですが、出てくる実践話が

 

「稼げない」

「時間と労力の無駄」

「ちっとも儲からない」

と、ネガティブなことばかりで、挑戦もせずにやめました。

 

今回は、探せば探すほど、いろんなことが書かれていて

どれがホントでどれがウソなのかわからない。

ううーーん、よくわからないけど、とりあえずひとつ教材を買ってしまえ。

 

思い立ったらすぐ行動してしまうので、

読んでいるメルマガのひとつで紹介されていた教材を買います。

 

ところがこれが全然具体的じゃない。

・無料ブログを作れ

・そこにアフィリエイト広告を貼り付けろ

・集客はTwitterだ

 

・・・・・・で?(・_・?

無料ブログを作って、広告も貼りました。

Twitterにも登録して、相互リンクのフォロワーを増やしてつぶやいてもみました。

 

・・・・・・で?(・_・?

どうしていいのかわからず、購入の元になったメルマガ発行者さんにメールします。

 

そうしたら、他の教材を勧められましたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

やだやだ、この人、英語教材アドバイザー時代の私みたい(笑)

もう怖くてその人に連絡できなくなりました。

いまだにメールで営業されていますが。

 

迷走する教材探し→ノウハウコレクターへ

その後、また凝りもせずに自分で探してきた教材を購入します。

これは具体的な進め方が書かれています。

よしよし。早速実践!

・ドメイン取得

・Wordpressの設置

・ステップメールの設置

・販売者さんの教材用メルマガ取り込み

あれ?(・_・?

これって販売者さんの教材販売用ページじゃない?

あ、これを応用して他の教材を売って利益を上げろってこと?

でもそのためにまた紹介する教材を買わなきゃいけないの?

英語教材でもそうでしたが、自分がいいと思わないものを他の人に薦めることは、私はできません。

 

また失敗??

もうなにを信じていいのやら。

教材はものすごい数が販売されていて、どれもいいように書かれています。

教材の口コミも検索しましたが、そのページすら情報商材アフィリエイトなので、いいことしか書かれていません。

(もしくは悪く評価して他の教材を「こっちの方がいいですよ~」と売り込む)

 

パニックになった私は、ネット上でこちらが一方的に知っているある人にメールします。

この男性は、私の息子です、と言ってもいいくらい若いのですが、

すでにアフィリエイトで成功している様子。

文章の書き方も、私と相性が良くてとても読みやすいので、

勝手に親近感を覚えていました。

 

情報弱者だと自覚する

その男性は

「メールだと伝わりにくいので、スカイプで相談に乗りますよ」

と返信をしてくれました。

そこで、いろいろとお話をして、

教材はホントにいろいろあるので、やはりちゃんと話を聞いて、

信頼できる人から買った方がいいですよ、と諭されました。

 

ひとまわり以上年下の方に・・・(>_<)

でもここまできて、やっと認識できました。

 

私はいわゆる『情報弱者』だったわけです。

 

パソコンも使えるし、HPだって作れる。

こんな私が情報弱者なわけないじゃん、と思っていたのですが、

こと『アフィリエイト』や『ネットビジネス』に関しては何の知識もなく、

よくわからない教材をポンポン買っちゃう、

カモネギ状態の典型的な情報弱者だったんです。

 

もう開き直るしかありませんでした。

その助言してくれた方のおススメ教材を買ったんです。

 

なんてバカなんだろう、と思います?

私も思います(^^;

でも、私にはもう『アフィリエイト』にかける道しか残っていなかったんです。

ここまで来たら、いろんな教材買って、実践しまくって、

盗めるものはすべて盗んでしまおうと考えました。

幸い、紹介していただいた教材はまともなものでした。

その後いろんな人と出逢い、私のネットビジネスは加速していきました。

 

今の働き方に満足できていますか?

今、私と同じように

「このままこの働き方でいいのかな」

とモヤモヤしている方は、いると思います。

 

そのひとつの解決策として、行動を起こした私の記録や考えを

ここに残していきたいと考えています。

 

私たちは物心ついた頃には

「大人になったら会社で働くことが普通」

という考えを持っています。

そういう教育をされているから。

きちんと勉強をして、いい高校・大学に入って、いい会社に就職して、

いい人と出逢って結婚して、いい家庭を築いて・・・。

 

それがすべて間違っているわけではありません。

でもこれだけ多くの人がいるのに、『みんな同じ』になるわけがない。

『みんな同じ』は『みんな満足』ではないという現状。

 

私は、もっと余裕が欲しかった。

もっと子どもと過ごせる時間が欲しかった。

もっと家族で過ごせる時間が欲しかった。

 

子どもが熱を出して保育園を休まなきゃいけない状況のときに、

「なんで私だけがいつも仕事を休まなきゃいけないの?」

と相方への八つ当たり的な不満を抱く自分がイヤだった。

 

会社に電話をかけて「すみません、すみません」と何度も謝って

ため息とともに受話器を置かれると、胃に激痛が走った。

 

熱で泣き続ける息子と一緒に、わぁわぁ声をあげて泣いたこともあった。

 

そういう思いをする人が、ひとりでも少なくなってほしい。

 

それが私の願いです。

 

そのために、一緒に【人生に余裕をプラスする】仲間を探しています。

 

人生に余裕をプラスする=余裕+(よゆうぷらす)

 

私の夢は【余裕+仲間】を増やして、いつか仲間同士で集まっておいしいものを心行くまで食べ尽くしたいです。

食べ歩きが大好きなので、おいしいものを食べるためにどこまでも行きたい。

ただの食いしん坊ですね(^^;

※Twitterの「yua_foodie」は、この食いしん坊から名付けました。

 

↓↓↓ 初心者さんでもわかりやすい無料講座を配信しています。↓↓↓

一般的には知られていない、知らないと損をする情報をお届けしています。

登録してもいつでも解除できます。

 

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

わかりにくい部分は、随時修正していきますので、ご指摘は喜んで受け付けます。

感想や疑問など、送っていただけると泣いて喜びます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。