2017年2月24日。

はじめてのプレミアムフライデーですね。

私はもちろん、相方もまったく関係がないですが(^^;

 

実際、どれだけの会社が実施するんでしょうか。

終わってみて初めてわかるところかもしれません。

 

 

もし世間一般に浸透したら

毎月の最終金曜日。

15時終業が「当然」になったらどうだろう?と考えてみました。

(ならないとは思うけど)

 

15時って・・・3時ですよ。

おやつの時間ですよw

下手したら、小学生の子どもより先に帰ってくることになります。

 

女性は早く帰れていいですよね。

夕飯の支度もゆったりと余裕をもってできるかも。

料理好きな人なら、手の込んだ料理をすることも可能ですね。

もちろん私はしません(できません)けど(。-∀-)

 

スーパーの混雑する時間が、いつもより早くなりそうです。

通常17時頃だけど、16時前とか。

それに合わせてタイムセールも早くなるとか?

てか、スーパーの従業員さんも早く帰りたいんだから

「プレミアムフライデーの日は閉店18時」

とかでもいいんじゃないの?

 

男性に関しては・・・

男性が早く帰ることに関しては、正直「ビミョー」です。

だって、日本の男性は本当に

家事をやらない

ですよね(°言°怒)

 

※家事をされている男性の方が存在しないワケではないです。

ただ、圧倒的にまだまだ少数派です。

 

早く帰ってきても、ソファにごろーんとして

スマホでゲームしてるだけ、とか

昼寝しちゃう、とか(^へ^#

 

妻としては軽く殺意を覚えます。

 

結局のところ、残業がなくなろうが、

休みの日が増えようが、

男性が意識を変えないと意味がない。

 

女性の活躍が・・・、とか

非正規雇用の賃金が・・・、とか

当の女性側・非正規側から言わせてもらえば、

「そんなことは望んでねぇ(# ゚Д゚)」

なんですよ。

(非正規雇用者の賃金が上がることはいいことだし、

改定すべきだとは思いますが)

 

プレミアムフライデーで経済的効果がある?

 

話を元に戻します。

プレミアムフライデーです。

 

政府と経団連は、このプレミアムフライデーによって

消費や週末の旅行が増えることを期待しているそうですが、

そのサービスを提供する側からすれば

「また忙しくなるじゃんε-(・д・`;)」

が本音ではないでしょうか。

 

今でさえ、過剰ともいえるサービス合戦で

息も絶え絶えなサービス業が、これ以上を望まれると

本当に死滅してしまいそうでコワイです。

 

いっそ

「うちはもう過剰サービスやめだ!」

と割り切れればいいんじゃないかと、私のような短絡的考え方の人間は

思ってしまうんですが、そのせいでお客さんに

「え?それってサービスじゃないの?してくれないの?」

と、離れられるとそれこそ危機に追い込まれるんですよね。

 

でも、やってみればいいのに。

それでお客さんが離れたら、元に戻せばいい。

 

で、そのサービスをちゃんと回していけるだけの

人材と労働力を雇うべき。

 

よく相方が愚痴っているんですが、

会社の上司が現場の仕事量をわかっていない状態で

「なんでこれができていないんだ?」

「大丈夫なのか?間に合わせないと大変なことになるぞ」

とかノタマウと。

 

実際に作業をこなしている現場の人間は

営業さんが契約を取ってきたあとに

「こんだけの仕事が入りましたー。あとよろしくーヽ(´ー`)ノ」

と、投げられるワケですね。

 

現場では

「え?ちょっ、待って待って。

今まだこの仕事の作業終わってないのに。誰がするの?」

と、ちょっとしたパニック状態にw←笑い事ではない

 

いちばん大変なのは中間管理職さん(=相方)らしく、

上からは

「まだ終わらないのか?間に合うのか?」

下からは

「また残業ですか?つーか、こんなの終わるワケないじゃん」

と板挟み状態のようです。

 

 

大変だなぁ(;・∀・)

 

ああ、また話が逸れてしまいました。

そんなこんなで、サービス業や一般の企業では

「クソ忙しい月末の金曜日に、早く帰れるワケがない」

というのが実情。

 

私の住んでいる地域が田舎ということもありますが、

プレミアムフライデーを実施するという会社を

聞いたことすらありません。

 

存在を知っているかどうかもアヤシイ。

(実際、相方は知らなかった)

 

ネットでも多くの人が

「定着するワケがない」

「大企業やお役所しかできない」

「来年には消えてなくなる」

と、かなり否定的な意見が多いです。

 

どうせこういうこと決めるなら、強制にするとか

実施しない企業はいくらか従業員に臨時金を支払わなきゃいけないとか

社会全体が導入できる制度にしちゃえばいいのにな、と思う。

 

・・・ということで、プレミアムフライデー

実施して得をするのは、

イメージアップが目的の大企業やお役所

という私の意見です。

 

消費者である一般家庭の財布が冷え切っているのに

たかが数時間の猶予が与えられたからって

消費が増えるワケないでしょう。

 

早く帰ってきた夫にイライラして、

離婚する家庭は増える気がするけど。

・・・ダメじゃん( ;゚Д゚)

 

半年後くらいの状態が楽しみです。

またそのときに関連記事を書きたいです。

(忘れている可能性は高いですが(^^;)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m